今はやりのマンションのルームシェアで注意すべきこと

東京や大阪など都市を中心にルームシェアが広がりを見せています。

都市部のマンションは一人暮らし用のワンルームを借りるより2LDKや3LDKをかりて、二等分または三等分した方が住居費やマンション契約時の敷金礼金が安く済みます。

そのため、兄弟やいとこ、友人とルームシェアして住んでいる方は今までもいらっしゃいました。
しかし、最近では赤の他人同士が仲介業を経てルーウシェアすることが増えています。


全くの赤の他人同士になるので、トラブルならないように入居の際にルールを作ることが必要になります。

ルールと注意点をご紹介します。

住む際に必要となるのが光熱費です。
毎月定額で集める「定額式」と、毎月の請求額を人数で割る「計算式」など方法はいくつかあるのでシェアする人と前もってどのように割るかを決めてください。ルームシェアで一番トラブルの元となるのが金銭トラブルです。金銭面のトラブルにならないように個人の部屋には鍵を取り付けてもらったり、光熱費や食材など細かくルールを決めてトラブルが起こらないように事前に話し合いをするべきです。
また、入居の際でもマンション契約は連名で行って下さい。
マンションで何らかの工事やトラブルがあった時に全員で責任が取れるようになります。

埼玉の不動産売却が気になる方に必見の情報です。

また、ルームメイトとどのような間柄であってもお互いを尊重したり、最低限のマナーや心配りは忘れないこと、人の所有物を勝手に使わないなど、人として最低限の常識は身につけておくべきです。

このくらいはいいだろうという気持ちがトラブルの原因になってしまいます。


最近は近所の人の名前も顔も知らないという人が増えています。

都心の人だけではなく、地方都市でも当たり前のようになっている状態です。昔は近所の人といえば誰でも知り合いで、ちょっとした寄り合いにでも出るようなら、ご近所さんの色々な噂話を聞くこともありました。

物騒な世の中になった現在は、小学校では知らない人に会ったら挨拶してはいけない、と教えていると聴きます。

そんな時代ですから、わざわざ隣近所の人の顔も覚える気がないというのは仕方ないのかもしれません。それでも新しいマンションに住んでいる場合はちょっと違います。


人気のある静岡の一戸建てをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

マンション内には共用部分があります。

廊下やエントランス、エレベーターなどです。


板橋区の一戸建て情報について考えます。

普通に生活をしていれば一日に何度も住人の方と顔を合わせます。このとき、すれ違いざまに挨拶をするのが慣わしになっていることが多くあるのです。
ご近所付き合いというほどの、付き合いをしているという人は逆に少ないのかもしれませんが、廊下ですれ違うときに軽く会釈をする人や、エレベーターに乗り込む時に待っていてくれるということもあります。

これは新興住宅地などで付き合いのない方が増えてきているのに比べても、素晴らしいことだと思われます。外ではしなくても、小学生がマンションの中ではしっかりと挨拶ができるというのは凄いことです。

豊中市の土地を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

恐らくは、マンションというひとつの建物の中で、共同で生活をしているという連帯感が芽生え、お互いに挨拶をすることにより防犯意識を高めているのかもしれません。

どちらにしても、今の時代に挨拶を自然と出来ることは大切なことです。

吹田市の土地情報を集めたサイトです。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E8%B3%83%E8%B2%B8
http://allabout.co.jp/gm/gc/41958/
http://matome.naver.jp/odai/2137696914860778201